百瀬 悠起

世の中のありとあらゆるモノを扱う商社パーソンであり、
お客様の潜在的な課題を解決するプランナーでもある。

大手自動車メーカーが、私のお客様。生産現場の設備保全に必要な部材や消耗品などを納めるのが仕事です。
ご要望に応じて商材を仕入れ、お客様の工場や関連会社に納品します。
お客様が「必要」とおっしゃるならどんなものでも、必要な時に必要なだけ、素早く提供するのが我々商事部の使命。
扱う商材は、ボルト1本から生産設備の重要部品まで多岐にわたります。
また、生産現場の改善につながる商材提案なども積極的に行っています。

商事部・百瀬悠起の1日

アイデアと動き方しだいでビジネスを広げていける
自由度の高さに惹かれ、入社。

岩田工機商事部の得意先はモノづくりメーカーが中心。製造現場に特化したビジネスは、文系学部出身の私にとって、正直なところ最初はピンと来ませんでした。でも会社説明会で詳しく話を聞くと、自分の動き方や提案しだいで扱う商材やビジネスをどんどん広げていける可能性のある会社だとわかったんです。そこに魅力を感じ、未知のジャンルに飛び込んでみようと思いました。今、実際に仕事をする中で、その面白さを肌で感じているところです。

お客様とのやりとりの中に、
大きなビジネスチャンスが潜んでいる。

今、進行中のプロジェクトに力を入れています。お客様から、現場改善に対する新しい取り組みのご相談を受けたんです。具体的には、工場の生産設備に関する商材で、受注になると工場内の設備全体が対象となり、大きな売上にもつながります。現在はお客様が導入計画をスタートさせたところで、具体的な話はこれから。何度も先方に顔を出し、担当者から最新情報や課題を聞き出すようにするつもりです。そしてより良い提案をし、受注に結びつけたい。こうした、新しい可能性に満ちた案件にはワクワクします。

仕入先メーカーは、
心強いビジネスパートナー。

仕入先のメーカーとの連携で、新しい商材の提案にも力を入れています。以前、塗装設備に使用されているホースを提案したことがありました。「塗料がホース内で詰まる」という話をお客様から聞き、仕入先メーカーに相談。詰まりにくい材質のホースを選定し、お客様にお勧めしました。まずはサンプルを納品して試していただいたところ気に入ってくださり、受注につながりました。必要な時に最適な情報をいち早く提供してもらえるよう、日頃から仕入先の担当者とも信頼関係を深められるよう努めています。

めざすのは「百瀬じゃないと」と頼りにされる
営業パーソン。

当社の強みは、小回りの良さと手厚さだと思います。例えば大手の商社なら扱わないニッチな商材や小ロットのオーダーなどにも、きめ細かく対応します。そういうことの積み重ねがお客様の満足と信頼につながるんです。私もこれから、ひとつひとつの仕事を通して知識を深めて提案力を磨き、お客様に頼りにされる存在になりたいと思っています。

専門商社の場合、取り扱う商材は限られますが、岩田工機ではお客様の要望が多岐に渡るため、ビジネスの幅をどんどん広げていけるところが面白い。新しいことに挑戦したい、自分の可能性を広げてみたい、という人にとっては、やりがいのある環境だと思いますよ。